The Burton Blog

Built on Boards – Kelly Clark Rides the Feelgood

必要不可欠なもの全てを備え、ウーメンズライン随一のパフォーマンスを誇るボード……。

これを聞いただけでも気分が高揚します。トップウーメンズライダーからのフィードバックをダイレクトに反映させることで、Feelgoodは真のオールラウンドボードとして広く知られる存在にまで登り詰めました。

ハーフパイプの女王、ケリー・クラークがFeelgoodに全幅の信頼を寄せていると聞いても、おそらく誰も驚かないでしょう。世界中のコンテストでの優勝をはじめ、彼女の輝かしい功績の側には、常にFeelgoodがありました。実のところ、ケリーより優勝経験が多いライダーはいないのです。ライディングではパーフェクトなルーティーンを追求し、また、様々な側面においてスノーボーダーの模範となるよう積極的に行動する身近なチャンピオン、それがケリー・クラークなのです。そんな彼女を支えるFeelgoodは、あらゆるライダーがオールマウンテンでレベルアップできるよう設計されています。

世界中のコンテストでの優勝をはじめ、彼女の輝かしい功績の側には、常にFeelgoodがありました。
BoB-Portrait-Kelly
プレス直後のフレッシュなFeelgood
BoB-Kelly-Action-2
Burton US Openのスーパーパイプでハイエアを見せるケリー

Feelgoodの誕生は1996年にまでさかのぼります。キッカケは、1人の女性の訴えでした。元Burtonライダーでウーメンズコンテストシーンのパイオニア、シャノン・ダン-ダウニングその人です。当時、彼女はウーメンズプロダクトの開発に力を注いでいました。1995年にBurton初のウーメンズボード、Dolphinがリリースされたのですが、それは Customをサイズダウンしたものだったのです。

シャノンは気に入らなかったようでした。むしろ、メンズボードをサイズダウンするという考え方自体に異議を唱えたのです。彼女の訴えは、Burtonが100%女性のためだけに設計したオールマウンテンボードをリリースするまで続きました。その結果誕生したのがFeelgoodなのです。

ケリーとFeelgoodは、共にウーメンズスノーボーディングの地位向上に大きな役割を果たしてくれたのです。ケリーの功績は前述の通りですが、パークからバックカントリーまでハイパフォーマンスなライディングをもたらすFeelgoodも、現在のシーンを語るうえで決して欠かすことはできません。

ケリーとFeelgoodは、共にウーメンズスノーボーディングの地位向上に大きな役割を果たしてくれたのです。
               
  • まだ真っ平らなソール

    まだ真っ平らなソール

  •            
  • バイオ原料をベースにしたスーパーサップ®樹脂

    バイオ原料をベースにしたスーパーサップ®樹脂

  •            
  • プレスが完了し、最後のチューニングへ

    プレスが完了し、最後のチューニングへ

  •            
  • 当たり前ですが、全ステップで細心の注意を払います

    当たり前ですが、全ステップで細心の注意を払います

  •            
  • 出来立てホヤホヤのFeelgood

    出来立てホヤホヤのFeelgood

BoB-Kelly-Graphic-2


今季のFeelgoodには、”Bend Knees Go Fast(膝を曲げてスピードをつける)”というケリーのモットーが記されています。これは彼女がハーフパイプにドロップインするとき、常に己に言い聞かせる言葉だそうです。もちろん、ボードのウッドコアはFSC™認証で、バイオ原料をベースにしたBurtonエクスクルーシブなスーパーサップ®樹脂も採用しています。製造段階でのCO2排出量を減らしてくれるので、ライディングにおいても環境保護においても信頼できるはずです。力強さ&正確性を兼ね備えたキャンバーとリラックスしたライドフィールのFlying V™の2バージョンで展開するFeelgoodは、山全体を滑りたいライダーからケリーのようなパイプライダーまでに最高のボードなのです。どちらにせよ、まずは雪山へ足を運び思い切り滑りましょう。


SHARE